So-net無料ブログ作成

冬のクワガタ(5) [空想中野日記]

5.山頂の昼食

 山頂の蝋梅は三分咲きほどだったので、草子さんを大いにがっかりさせたけど、近づくと花の香りがただよってきて、満開の時ならばさぞや、と思わせた。黄色いビーズのようなつぼみが、今にも咲きそうに枝の先々を彩っているのも、風情があってよろしい、というような意味のことを草子さんはつぶやいて、大きく開いている花に近づいては匂いをかいだり、花びらの中をのぞきこんだりしていた。
 梅園わきの枯れ草の上に、草子さんがレジャーシートを敷き始め
「さて、お弁当です」
と、リュックの中からタッパを三つにコッフェルとストーブまで取り出した。
「お弁当も作っていくって言ったでしょ。忘れた?あ、当たり前か」
と一人で納得し、てきぱきと用意を進める。口にチャックの付いたビニール袋に、切られた野菜が入っている。
「これとベーコンでコンソメスープ。あと食後のコーヒー」と言いながら、タッパを開ける。
「やっぱり基本は、おいなりさんとかんぴょう巻、から揚げに玉子焼きでしょう。それにサラダ」
「いつも宮さんの店で食べてるものと違いますね」と笑うと
「あれ、これじゃ飲めない?」とリュックから缶ビールを取り出した。
 冬の陽に照らされた長瀞の町と荒川が光って見える。真っ青な空に秩父の山々が映えている。葉を落とした木々に埋め尽くされた山肌が「冬の暖かい日」を思わせる。太陽が気持ちいい。二本目の缶ビールのプルトップを起こした。
「いい眺めですね」一気に半分近くを飲む。
「おや、素直。沢野さんだったら『観光地なんだから景勝地で当たり前』ぐらいのこと言いそう」
おいなりさんの油のついた指をなめながら答えた草子さんも、ぐいっと缶ビールをあおり、立ち上がった。
 手近にあった和蝋梅の花を再びつついたり、匂いをかいだりし始めた。
「『おっとり刀』ってどういう意味かな」と素っ頓狂なことを言い出すので
「『おっとり刀で斬りつける』ってやつ?」
「『駆けつける』よ」
「だって刀って斬るためにあるんでしょ」などと間の抜けな受け答えをしてしまう。
「この花びらって油紙みたいね」顔を花のすぐそばまで近づけて草子さんが言った。
そうしている間も玉子焼きを食べ、ビールを飲む。たまに吹く風が気持ちいいくらいだ。
「この前、宮さんの店でテツヤさんに会いましたよ」
テツヤというのは、やはり宮さんの店でなじみになっている院生で、よく彼女と二人で飲みに来ている。
「へぇ、しばらく会ってないなぁ。ま、ヤツに会うとおごらされるから会わなくていいんだけど」
から揚げをほおばってビールで流し込む。
「リエさんと別れたそうですよぉ」少しおどけた調子で草子さんは言った。
「あらま。今度おごって励ましてやろう。彼の性格なら、冗談でも深刻な事態にはならないだろうから」
実際、彼と飲むのは楽しいので、金もないようだし、おごるのは大した問題ではない。そんなことより、宮さんの店でみんなと飲んでいることが楽しいのだ。
「深刻ぶるのはキライ」唐突に草子さんが言った。
「……って言うこと自体、深刻ぶってるようでいやよねぇ」と、やはりおどけた調子で言った。
「自家撞着って言うんですよ。そういうの」
帰りがあるので、次の缶を開けようか迷う。「もの知りねぇ」そんな言い方をして、草子さんが新しい缶ビールを開けるので、やっぱり飲むことにする。
とてもいい気分。景色はいいし、ともかくデートでなのである。
「こんなふうに十年経っても、みんなと飲んでいたいなぁ」独り言のように言うと
「そんなの無理だよぉ」と草子さんは少し笑った。
(了)


nice!(1)  コメント(6)  トラックバック(0) 
共通テーマ:GBA2005ノベル

nice! 1

コメント 6

はてみ

コッフェルとストーブ、こんなデートいいなあ。
「この前、宮さんの…」と「リエさんと…」の草子さんの科白がですます調なので、一瞬沢野さんが言ったのかと勘違いしてしまいました。
それにしても、sakamonoさん、これで終わっちゃうのですか?
もうちょっとこのあとどうなるのか知りたいのですが…(^^)野暮かしら。
by はてみ (2006-01-31 01:21) 

sakamono

>はてみさん
あ、確かに。他の人に読んでもらうと、そういう指摘をしてもらえてありがたいです。昨日、GBAに応募しました。1/31締め切りなので。そうすると後から手直しした部分は、反映されないとのこと。残念(-_-;)。この後は...まるで考えてません(^.^)。
短い間でしたが、こんな文章を最後まで読んでいただいて、ありがとうございました(^.^)。
by sakamono (2006-01-31 05:34) 

葵

 ふむふむ、コッフェルの話も、山頂のランチも、
それに油紙みたいな花びらの花の話も、
みんなsakamonoさんのブログに登場してますね。。やっぱり、自分の体験=書きたいこと、ですよねえ。
by 葵 (2006-02-04 20:34) 

sakamono

>葵さん
確かに、その通りです...(^^;)。
初めて「小説みたいなモノ」を書いてみて、そのヘンに限界を感じました。そっから想像力を働かせないと...
なんて、言ってみたりして(^^;)。
by sakamono (2006-02-05 06:38) 

はてみ

今頃なんなのですが、このお話のタイトル「冬のクワガタ」は
どういう意味なのでしょうか、本文にでてきてたかしら?見落とした?
よみ終わったらわかるかなーと思っていたけど、わかりませんでしたので(^^)
by はてみ (2006-02-19 22:44) 

sakamono

>はてみさん
いえいえ。今頃また見ていただけてうれしいです(^.^)。
夏の間だけしか生きられない(確かそうですよね?)クワガタに「冬の」とくっつけるコトで、なんだか寒々と、しんみりした雰囲気が出ないかなぁ...と。それがラストにつながっていくワケです(つもりです)。こういうふうに書くと照れてしまいますね。語るに落ちると言うのかな(^.^)?
by sakamono (2006-02-20 05:28) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0